動画撮影の場面や目的に合わせてモードを設定しましょう

 初心者の内は、ビデオカメラの色々な設定を全て自動(オート)に 設定すれば、無難な動画撮影が出来ます。
 しかしながら、 最近のビデオカメラには多彩なモード設定が準備され、 撮影したい場所や目的に応じたモード設定をする事で、より良い動画撮影が できる様になります。
 ここで紹介するモード設定のテクニックを順次マスターする事で、動画撮影の腕をあげて 下さい。撮影しっぱなしでなく、必ず録画・再生を繰り返し、効果の程 を確認しながらコツをマスターして下さい。

動画編集は「ビデオ編集工房 宙」にお任せ下されば、豊富なサービス メニューの中から、最適な メニューをお勧め出来ます。

編集メニュー

1)シーンセレクト

  • 場面に合わせて、シャッタースピードと露出を設定します
  • メーカや機種によってモードが違いますが、主に次の通りです
  • 夜景:暗い場所で被写体を明るく撮ります
  • ポートレイト(人物):背景をぼかして、被写体を引き立てます
  • スポットライト:スポットライトを浴びている、人物などの白飛びを防ぎます
  • スノー(雪):ゲレンデなどの白い風景で、被写体が暗くなるのを防ぎます
  • 夕焼け:日の出や夕焼けなどの赤色を鮮やかに
  • 花火:夜空に打ち上げられる花火を綺麗に
  • 風景:広がりのある風景に

2)ホワイトバランス

  • 撮影する場面に合わせて、色合いを調整します
  • ここでは半自動のモード設定を説明し、マニュアル設定の詳細は、マニュアル撮影の頁で説明します
  • オート:平均的に自動調整されます
  • 屋外:屋外の晴天下にセットされますが、夜景やネオンなどにも適応できます
  • 屋内:屋内の白熱灯やハロゲンランプなどの照明下で使います。昼光色の蛍光灯の照明下では「屋外」に、または「蛍光灯」モードがある機種もあります
  • 被写体を照らす照明条件と同じところで、白い紙などを画面いっぱいに映して、セットします

3)スポット測光

  • オートモードは、画面全体の平均的な明るさを測定し、露出を決めます
  • スポット測光は舞台の上の人物など、背景のコントラストが強い場合に、被写体の明るさに応じた露出に設定できます
  • 液晶モニタの画面を見ながら、露出を合わせたい部分にタッチしたり、十字カーソルを合わせる等して、画面上の任意の部分に露出を合わせる事が出来ます

4)スポットフォーカス

  • オートの場合は、ほぼ画面中央自動的にフォーカス(焦点を合わせる)されます
  • 画面中央以外にフォーカスしたい場合は、スポットフォーカスモードにします
  • 液晶モニタのフォーカスしたい部分にタッチする、または(機種によって)十字カーソルを合わせてた部分に焦点が合います

5)テレマクロ

  • 小さい虫や昆虫など背景をぼかして撮りたい時に使用します
  • 「入」にすると、ズームが自動的に望遠になり、約45cmまでの近接撮影ができます

動画に関する豆知識

テロップ(telop)

 カメラを通さず、 画面に直接字幕・絵・写真などを直接写し出すための技術及びその字幕の文字や絵・イラストのこと。字幕スーパー、 スーパーインポーズ(superimpose)とも呼ばれます。