プロジェクタの横縦比(アスペクト比)への対応

画面サイズ(アスペクト比)とは?

画面サイズアスペクト比)とはプロジェクタ(テレビ)の画面の横縦比の事です。
現在は家庭のフラットテレビのハイビジョンの様なワイド(16:9)が主流になっていますが、 結婚式場等のプロジェクタやスクリーンは 、まだまだかってのブラウン管テレビの様な スタンダード(4:3)が多く残っています。

動画作品のプロジェクタ対応

プロフィール動画 や メッセージ 動画等を結婚式場で上演したい場合、折角 ハイビジョンで撮影して、ワイド対応の動画作品を創ったのに、 結婚式場プロジェクタが対応できなかった、と言う事例が御座います。 挙式当日になって 慌てない為にも、お祝い動画をお創りになる場合は、次の事に注意しましょう。

  • 先ず、結婚式場プロジェクタの画面サイズアスペクト比)(画面の横縦比率)を調べましょう。
  • 画面サイズアスペクト比)はワイドで 16:9 スタンダードで 4:3が一般的です
  • ハイビジョンカメラで撮影された映像はワイドの16:9のアスペクト比になっています。
  • もし、結婚式場プロジェクタが4:3のアスペクト比であれば、 動画編集で次にご紹介する変換(ダウンコンバート)が必要です。
  • 変換には3つの方式がありますので、 前もって決めて頂いて、ご連絡下さい。
レターボックス
  • スタンダード画面(4:3)の上下をマスク(黒帯)して、中央に16:9の画面を表示。
  • スタンダード画面(4:3)のスクリーンで16:9の画面を表示できますが、
  • 上の様に、縦方向の解像度を犠牲にしています。
エッジクロップ
  • ワイド画面(16:9)の画面の両端をカットして、4:3に変換します。
  • スタンダード画面(4:3)のスクリーンに画面を表示できますが、
  • 16:9の画像の両端がカットされてしまいます。
スクイーズ
  • 16:9の映像を縦方向に縮小して4:3のスタンダード画像に変換します。
  • スタンダード画面(4:3)スクリーンを最大限に使用できますが、
  • 上の様に、横方向に縮んで見えます。スマートに映って良いかも?

ダウンコンバートのサンプル映像

実際のワイド(アスペクト比 16:9)画面を、スタンダード(アスペクト比 4:3)に ダウンコンバートしたサンプル映像を、右のサムネイルをクリックして、ご覧下さい。 どのタイプに決定なさるか、参考になれば幸いです。

スマホで撮った縦長動画をワイド画面になじませる方法

 メッセージ動画用にスマホで撮った縦長の素材ムービーを提供頂く場合がございます。これを横長のハイビジョン動画に 貼り付けると、当然寂しい画面になります。また、スマホ動画をLINEなどで転送すると画質が落ちます。 こんな事を解消するため、背景映像の上に、スマホ画面を合成するなどの編集を施すと、見栄えが良くなります

  まだまだ沢山の「こんな事出来る」がありますので、何なりとお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

動画に関する豆知識

コンテ

 コンテとは英語のコンティニュイティの略で、いわゆる台本のことです。 シナリオをもとにして各カットやシーンごとに、画面の構成や登場人物の動き、 カメラの位置など、演出上の指定を詳細に記したもののことを指します。 そして、さらにこれを絵にしたものを「絵コンテ」と言います。 映像作品の撮影前に用意されるイラストによる表であり、映像制作の設計図と言えるものです。