動画撮影の基礎テクニック(上級編)

 動画撮影の基礎テクニック(上級編)では、今までにご紹介したコツをマスターされた上で、もっとプロっぽい 動画撮影を実現する為に、様々なモード設定のやり方やマニュアル撮影のやり方の一部をご紹介すると共に、 少しだけカメラや撮影の理論を紹介していまので、お役に立てば幸いです。

撮影場面や目的に合わせて撮りましょう

 初心者の内は、ビデオカメラの色々な設定をすべて自動(オート) に設定すれば、無難な映像を撮影する事ができます。しかしながら 最近のビデオカメラには多彩なモード設定が準備され、動画撮影したい場所や 目的に合わせてモード設定する事で、より良い映像が撮影できるようになります。
 ここで紹介するモード設定を順次マスターしながら、動画撮影の腕をあげていきまよう。 モード設定をしたら、録画しっぱなしでなく、必ず録画・再生を繰り返して その効果の程を確認しながらマスターする事をお勧めします。

少しだけ理論を勉強しましょう

 動画撮影の基本は、明るさ(絞り)・被写体の動きの速さ(シャッタースピード>) ・被写体の色合いや照明の種類(ホワイトバランス)です。
 ここでは、次の項目でマスターするマニュアル撮影の手法を身につける為、 ちょっとだけ面倒ですが、撮影の3要素の理論を勉強して、少しでもプロの技 に近づけるよう、準備をしておく事をお勧めします。

マニュアル撮影にチャレンジしましょう

 プロやハイアマチュアの方の殆どは、カメラのオート機能任せ ではなく、カメラ本来の機能を、撮影場所や撮影の目的によって、より 正確に合わせる為に、自分の技術と経験をフルに活用して、 マニュアル設定しながら、自分の意のままに撮影します。 ここでは、マニュアルを使った方がより良い映像が撮れる例と共に そのテクニックを紹介します。

受注から納品までの流れ

 動画編集に関するお客様からのお問い合わせを頂いた時から、動画作品を お客様に納品するまでの、流れをご紹介いたします。   流れの各ブロックをタップまたはクリックしていただくと、各ステップの詳細をスライドショーでご覧いただけます。

納品までの流れ

動画編集に関するよくあるご質問

 過去にお問い合わせを頂いた中から、頻度の高いご質問に対する回答を纏めてみました。お問い合わせ頂く前に、ご一読下さい。

よくある質問