動画撮影の基礎テクニック(前日の準備編)

 完成度の高い動画作品に仕上げるためには、料理と同じように、やはり素材で勝負が決まります。 動画編集というのは、料理でいえば所詮最後の盛り付けに相当するといえます。
 ここでは、動画撮影前日までに撮影準備をしておく項目や、その心構えなどを紹介します。

明日必要な機材を準備しておきましょう

 撮影当日はとにかくいろいろ慌てて、必要なビデオ機材を動画撮影現場に持って行くのを 忘れがちです。当日必要なものは、少なくとも前日までには準備しておきます。

明日使う機材をチェックしておきましょう

 運動会などの大切なイベントの動画撮影で、機材のトラブルなどで失敗して しまうのは、非常に残念なことです。
 その様な事にならない為にも、前の日の夜までには、ビデオカメラや周辺機材 をしっかりチェックしておきます。

コンテを作って心の準備をしておきましょう

 後で動画編集するとは言え、あらかじめ撮影プランコンテ)を作っておけば、 動画撮影の当日も、たとえ少々のハプニングがあっても、慌てなくて済みます。 さらに、後で施す動画編集にも、大変役に立つものです。

動画に関する豆知識

コンバージョンレンズ

 コンバージョンレンズには主に望遠側の焦点距離を伸ばす「テレコンバージョンレンズ」と 広角側の焦点距離を広げる「ワイドコンバージョンレンズ」の2つがあります。
テレコンバージョンレンズ
 望遠側の焦点距離を伸ばして遠くのものを近づけて写せるほか、望遠レンズ特有のボケ味を活かした写真も写せます。
ワイドコンバージョンレンズ
 広角側の画角が広がり、狭い場所でも広々撮れるほか、遠近感が強調され、ダイナミックな構図で写せます。