撮影の基礎テクニック(中級編)カメラワークの基礎

 前回まで動画撮影に関する基礎的なコツをご紹介しましたが、 このページからは もう一歩先に進んで、ズームやパン・ティルト、更に雰囲気を出すコツ等のカメラワークの基礎を紹介します。
 これらのコツを取り入れた動画素材は、そのままカメラに眠れさせないで、 是非、こちらから「動画編集のメリット」をご覧になって、 一生ものの動画作品に仕上げて見ませんか?

ズーミングを効果的に使いましょう

 最近のビデオカメラはズーム機能が優れていて、映像効果も大きいので 面白がって多用しがちですが、誤った使い方をすると、見ている人に 不快感を与えることさえあります。
効果的にズームを使う為に、ズームの機能を理解して使いましょう。

パンニングとティルフィングの基本

  動画撮影の基本はあくまでも固定ですが、どうしても広がりを表現 したい時はカメラを左右に振ったり(パン)、高さを表したい時に 上下に振ったり(ティルト)します。
これらの手法をしっかり理解して、効果的な映像を撮りましょう。

魅せる動画作品を撮るために気を付ける事

 今までに基本的なテクニックを紹介しましたが、動画作品は 撮った人、撮られた人以外にも見せたいものです。
 ここでは、作品を見る人の為に魅力のある映像を撮影するために、 動画編集で仕上げるにしても素材が大切です。立派な素材動画を 撮るために心掛ける事をいくつか紹介します。

動画に関する豆知識

NTSC

 National Television Standards Committee。北米、日本、中米、および南米の一部で使用されているカラーテレビの伝送規格。N TSC には、60 フィールド/秒、29.97 フレーム/秒(fps)のインターレース表示が組み込まれています。